コーヒーにおすすめの食材

コーヒーVS紅茶どっち?カフェインや健康・ダイエット効果効能の違いを比較

あなたは、コーヒーと紅茶どっちが好き?
コーヒーと紅茶ってなんとなく似てるけど違いは何?

なんとなく飲んでいるけど気になるカフェインの量や健康やダイエット効果ってどっちが優れているのだろう?

このような疑問にコーヒーと紅茶のお互いの成分から徹底比較してみました。

意外と知らないコーヒーと紅茶のお互いの良さがわかるかもしれませんね!

この記事の内容

コーヒーvs紅茶のカフェインと成分の違いを比較

コーヒーVS紅茶の健康効果

コーヒーVS紅茶のダイエット効果

コーヒーと紅茶どっちが好き? どこが違う?

コーヒーと紅茶どっちが好き?
このようなアンケート結果データがあります。

出典)LINEリサーチ

https://research-platform.line.me/archives/36300612.html

コーヒーと紅茶どっちが好き?
このようなアンケート結果データがあります。

出典)LINEリサーチ

https://research-platform.line.me/archives/36300612.html

男性 コーヒー派74% 紅茶派21% どちらも飲まない5%

女性 コーヒー派58% 紅茶派39% どちらも飲まない4%

全体的にはコーヒーの方が多いのはカフェでの取扱量や販売量の多さが影響しているようですが
コーヒーは断然男性で特に年齢が高くなるにつれて多くなります。
一方紅茶は女性の方が多くなっいています。

それではコーヒーと紅茶はどんな時に飲むのか

・コーヒー派の1位
仕事/勉強/火事などの合間57.7%

・紅茶派の1位
くつろいでいる/のんびりしているとき50%

出典)LINEリサーチ

https://research-platform.line.me/archives/36300612.html

リサーチデータからコーヒーは集中したい時、紅茶はリラックスしたい時に飲まれる傾向がわかります。
ココにコーヒーと紅茶の本質的な違いが隠されているような気がしますね。

コーヒーは含まれるカフェインで眠気覚まし・集中力アップといった飲み方が多いようですが、紅茶のリラックス効果ってどんな成分なのでしょうか?

そこでコーヒーと紅茶の違いを徹底分析してにることに

コーヒーと紅茶の違い

似ているようで、ぜんぜん違うコーヒーと紅茶
コーヒーと紅茶は原材料 淹れ方 そして成分まで様々な違いがありますが
似たような効果をもたらす面も。

それではコーヒーと紅茶の違いを見てゆきましょう

コーヒーの原材料

コーヒー豆を焙煎して挽いたコーヒーの粉をお湯水で抽出した飲料です。

コーヒーの原料のコーヒー豆はコーヒーノキの果実から採れるもので原産国はアフリカでエチオピア原産のアラビカ種とコンゴ原産のロブスタ種の2つが主なコーヒーの種類です。

コーヒーは赤道近辺のコーヒーベルト地帯で栽培され世界各国で飲まれておりその貿易規模は石油に次ぐ2位と言われています。

紅茶の原材料

紅茶の原料はお茶の葉で完全発酵させたものが紅茶です。
緑茶、烏龍茶、紅茶はいずれも原材料は同じでお茶の木の葉っぱです。

醗酵の度合いで

  1. 醗酵させないもの 緑茶
  2. 途中まで醗酵させたもの 烏龍茶
  3. 完全に発酵させたもの 紅茶

となります。

紅茶もコーヒーと同じ様に世界中で飲まれています。

淹れる温度は紅茶が高い

コーヒーと紅茶の淹れ方の違いにお湯の温度があります。
紅茶のほうが高い温度で淹れることがいいとされています。

紅茶を入れる温度でベストが90℃~100℃
ほとんど沸騰した状態ですね。
この温度で淹れるのが紅茶の持つ美味しさや成分をしっかり引き出すポイントとなります。

一方ドリップコーヒーをを抽出するお湯の温度は、
90℃くらいまでが良いとされています。

【関連記事】
コーヒーと紅茶を混ぜる鴛鴦茶はお湯の温度の高い紅茶から先に作ってあとからコーヒを作り混ぜるのが美味しい作り方です。

コーヒー 紅茶 温度 20

コーヒーと紅茶のカフェインについて

コーヒーと紅茶を語るうえで外せないのがカフェインです。

カフェインはコーヒーにも紅茶にも含まれています。

まずは、カフェインがどんな成分なのかカフェインがカラダに与えるメリットとデメリットを比較してみましょいう。

カフェインのメリットとデメリット

カフェインは主にコーヒー、緑茶、紅茶に含まれています。

カフェインはその作用の強さからカラダにメリットにもデメリットとにもなる成分です。

メリット

カフェインのメリット

  • 興奮作用
  • 利尿作用の促進
  • 血管内皮の機能改善
  • 呼吸機能の改善

カフェインによる興奮作用はカラダや脳を活性化させ眠気を覚まして仕事や勉強などの効率を高めてくれる働きがあります。

デメリット

カフェインを寝る前に摂ると眠れなくなることはよく知られていますが
カフェインを多量に摂取することにより、カフェイン中毒という症状も起こることがあります。

カフェイン中毒は慢性的に頭痛や吐き気、不眠等の中毒症状を引き起こし酷くなれば生活に支障が出るレベルとなります。

また妊娠中の方や授乳中の方はカフェインを含む飲料の摂取は胎児や乳児への影響があり控えたほうがいいとの報告もあります。

このようにカフェインには適量であればメリットもあれば大量に摂ると毒にもなるというような特徴があります。

コーヒーと紅茶のカフェイン量の比較

コーヒーと紅茶のカフェインの量から1日の目安は

適量だとカラダにいい効果で飲みすぎるとカラダに害を及ぼすカフェインですが、コーヒーと紅茶の1日の適量を知っておきましょう。

コーヒーの1日の摂取量

紅茶の1日の摂取

コーヒーVS紅茶の成分から健康効果を比較

コーヒーと紅茶ですが原材料は全く違うのに風邪の予防や血圧の改善などの健康効果やダイエットなど似たような効果をもたらす面もあって不思議ですね。

その理由は紅茶とコーヒーにはそれぞれカフェインやポリフェノールなどのカラダにいい成分が含まれているからです。

それではコーヒーと紅茶の成分表を見てみましょう。

コーヒーと紅茶の成分

コーヒー 紅茶 健康 40

コーヒーと紅茶の健康効果には

風邪にはコーヒー紅茶どっちがいい

コーヒーと紅茶の持つ抗酸化作用の強いポリフェノールは以下の効果・効能を持っています。免疫力を向上させ風邪の予防をする他以下のような効果があります。

H4

H4

国立がん研究センターの研究では「コーヒーと死亡リスク」の研究でコーヒーを1日3~4杯飲む人がコーヒーを飲む人は飲まない人に比べ心筋梗塞脳梗塞死亡率が低いことを発表しています。

出典)国立がん研究センター:コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について

コーヒーに含まれるカフェインが血管内皮の機能を改善する効果があるとされています。また、カフェインには気管支拡張作用があり、呼吸器機能の改善効果あるのではないかと言われています。

【関連記事】国立がん研究センターの研究によりカフェインの効果効能はこちらの記事に詳しく書いていますので御覧ください。

「豆乳コーヒーの効果・効能」健康・ダイエット!こんな方におすすめ。

豆乳コーヒーの効果
「豆乳コーヒーの効果・効能」健康・ダイエット!こんな方におすすめスタバやタリーズなどで コーヒーを豆乳で割ったソイラテ(豆乳コーヒー)が人気です。 豆乳コーヒーはどんな効果が期待できるのでしょ...

コーヒー 紅茶 歯 10
風邪 コーヒー 紅茶 20

H3高血圧

高血圧 コーヒー 紅茶 10

クロロゲン酸は血糖値の抑制効果が確認されています。

利尿作用

コーヒー 紅茶 利尿作用 40

コーヒーVS紅茶のダイエット効果を比較

コーヒーと紅茶の持つカフェインには、「リパーゼ」という酵素があって脂肪の分解を促進します。またコーヒーも紅茶も低カロリーなのでダイエットにおすすめの飲み物です。

コーヒーと紅茶のカロリー

ダイエット効果は

コーヒー 紅茶 ダイエット 70
コーヒー 紅茶 カロリー 20

コーヒーも紅茶もリラックス効果がある飲み物

コーヒーも紅茶もリラックス効果のある飲み物です。それぞれ成分が違い、リラックスの効果の違いがありますがリラックスには向いた飲料だといえます。

コーヒー α波によるリラックス効果

コーヒーによるリラックス効果は脳をほどよく活性化させ集中力を高めるリラックス効果です。

コーヒーのクロロゲン酸は、加熱するとコーヒー酸に変化します。コーヒー酸は脳にα波を出しやすくしてリラックス効果を促進させます。

試験やスポーツなどで能力を十分に発揮することに使うと良い成果が出せるでしょう。

紅茶 やすらぎ、休憩のリラックス効果

紅茶に含まれているテアニンという成分も同様にリラックスの効果があります。テアニンによるリラックス効果は

まとめ