コーヒーにおすすめの食材

「コーヒー はちみつ まずい!」相性のいい牛乳で美味しく作る方法

「コーヒーに はちみつ」まずいのは作り方に問題があった!

コーヒーに直接はちみつを入れて飲んだけど「まずい」こんな経験はありませんか?

実は珈琲に蜂蜜を混ぜる「はちみつコーヒー」には相性のいい食材があって混ぜると美味しく召し上がれます。

コーヒーにはちみつを入れた飲み物は古くからスペインで飲まれていました。蜂蜜は砂糖より低カロリーで栄養も豊富、健康でも効果が多く飲むメリットがたくさん。

健康やダイエット面ではコーヒーにはちみつはおすすめです。しかし味の相性はイマイチ良くないようです。飲んで「まずい」「美味しくない」は困りますよね!

  • コーヒーに直接はちみつを入れると不味い(まずい)ってホント?
  • コーヒーと はちみつの相性は
  • 牛乳を加えて飲むと美味しくなる
  • はちみつコーヒーを美味しく飲む方法

私の経験から「コーヒーにはちみつを入れて美味しく飲む方法」をご紹介します。

コーヒー はちみつ まずい

コーヒーにはちみつはおすすめ(美容と健康に効果)

蜂蜜の効果

味の相性が悪いまずいと言われる「コーヒーとはちみつ」ですが、美容や健康面では絶大な効果があります。

はちみつは、砂糖のカロリーの約3分の2で糖質も少ないのが特徴です。甘さは砂糖の約1.3倍なので砂糖よりも量を少なくすることができます。また豊富なビタミンやミネラルを多く含んだスーパーフードです。

コーヒーにはちみつ入れて飲むのはダイエットや健康志向の方に効果があり、おすすめのです。

しかし、そんなコーヒーと蜂蜜ですが味の方では「美味しくない」「口に合わない」という方が多いようです。

コーヒー はちみつ まずい

コーヒーとはちみつ相性は?

美容や健康に効果のある蜂蜜ですがブラックコーヒーに直接はちみつを入れて飲むと激マズでは内にしろ「まずい」というか、味気ないというか、味はあまり美味しくないという感じがします。

私も家やスタバでなんとなくお砂糖の代わりにはちみつを入れて飲んでみましたが、味は「まずい」というかイマイチでした。

美容や健康に効果のあるはちみつですが、味の面では珈琲と相性が良くない感じです。

コーヒー はちみつ まずい

コーヒーにはちみつを入れるとまずい理由

コーヒーにはちみつを直接入れると「まずい」「口に合わない」と感じる理由はよくはわかりませんが、私が飲んだ感じからは、どうも珈琲の苦味や酸味と蜂蜜の相性が悪い感じがして味気ないというか美味しいにはほど遠い味です。

ところが、牛乳(ミルク)を入れるとはちみつとの相性が変わってきます。私が牛乳を入れて珈琲の味をマイルドにしたところ見違えるような美味しさになりました!

牛乳を混ぜて飲むのは味に効果ありです。

例えば”ハニーミルクラテ”などのように珈琲チェーン店でも「はちみつを入れたコーヒー」が人気です。

コーヒーに「はちみつ」不味いなら牛乳で相性を調整

ブラックコーヒーに直接入れて飲むのは「まずい」

コーヒーと直接は相性のよくない「はちみつ」ですが、牛乳(ミルク)を加えると、とたんに美味しくなります。

牛乳で珈琲の苦味・酸味がまろやかになることで蜂蜜との相性が良くなります。

スペインで飲まれている「カフェ・コン・レチェ」はエスプレッソに牛乳を入れた「はちみつコーヒー」です。

エスプレッソにミルクは合います。そこに蜂蜜を入れるわけです。

コーヒー はちみつ まずい

「コーヒーに はちみつ」が、まずい場合 美味しく飲む方法

ブラック珈琲に直接蜂蜜を混ぜて飲むと「まずい」というのはわかったと思います。

珈琲と蜂蜜とは味では相性がイマイチなんです。

しかし「牛乳」の他にもはちみつコーヒーを美味しくしてくれる相性のいい具材があります。ここでは「はちみつコーヒー」をさらに美味しく飲むための食材やレシピをご紹介します。

まずは、牛乳のように珈琲の味をやわらかくマイルドにしてくれる食材をご紹介します。

コーヒー にはちみつと牛乳を入れる

はちみつコーヒーが、まずいのは大間違いで牛乳を入れれば大丈夫!

牛乳を入れて飲めば、はちみつの甘さとコーヒーの苦みが牛乳の味で中和されるので、
「苦味と甘さ」で味になじめないと感じる方でも飲みやすくなります。

牛乳を50:50くらい入れてカフェオレ風に飲むのがおすすめです。

コーヒーに豆乳とはちみつ

牛乳やミルク・バターと同じく豆乳もコーヒーをまろやかにします。牛乳やバターが動物性脂質に対して豆乳は植物性脂質なので、よりまろやかな味わいで低カロリーです。

むしろ豆乳は牛乳より健康面では効果が大きな食材です。

コーヒーの苦味をおさえたいときに「豆乳」を入れてやると蜂蜜のマイルドな味わいも一層楽しめます。

コーヒーにバターと はちみつ

蜂蜜とバターはパンに塗っても食べても相性が抜群!「コーヒー+バター+蜂蜜」も合います。

「バターコーヒー」は高品質のバターを珈琲に溶かしたものです。

栄養価が高く満腹感が続くためをダイエットに活用することもできます。乳製品はコーヒーの苦味を押さえて味をマイルドにしてくれますのでバターも蜂蜜との相性がよくおすすめです。「バターコーヒー」にはちみつ是非試してみてください。

シナモンは「はちみつ コーヒー」と相性がいい

「シナモン珈琲」はカフェなどで付いてくるシナモンスティック(パウダー状のシナモン)を入れるだけで簡単に作ることができます。

シナモンでコーヒーの風味がよくなります。また、シナモン自体にもビタミン、ナイアシン、カリウム、カルシウムなどの栄養素を含み血管の循環を良くしたり、冷え性を改善する効果・効能もあります。

シナモンは珈琲のスパイスとして、そしてミルクを加えた「はちみつコーヒー」にも大変おすすめです。

まとめ コーヒーに「はちみつ」がまずい場合

コーヒーに「はちみつ」がまずい場合

お砂糖の代わりに蜂蜜をいれて飲む「はちみつコーヒー」はカロリーや栄養面でもおすすめです。

しかし、ブラックコーヒーにそのまま蜂蜜を入れるとあまり美味しくはないので、
ご紹介したような方法で

  • 牛乳(ミルク)
  • 豆乳
  • バター
  • シナモン

などを加えて珈琲をマイルドな味にしてやると大変美味しく飲むことができます。