MCTオイル コーヒー 夜は?作り方・乳化・量と飲み方がダイエット効果を左右

MTCオイルコーヒーおすすめの食材レシピ
  • MCTオイルコーヒーについてバターコーヒーとの違い
  • MCTコーヒーは夜飲んでいい?
  • MCTオイルコーヒーの作り方・乳化とは
  • 飲む量やタイミングは

こんな疑問にお答えします。

米国のシリコンバレーのIT企業のTOPアスプリーの著書で知られる完全無欠コーヒー【バターコーヒー】
その痩せる効果は実はMCTオイルの機能がカギになっている事をご存知でしょうか?

今日は、痩せるコーヒーとして話題のMCTオイルコーヒーについてご紹介します。

私がMCTオイルコーヒーに興味を持った背景には、
カロリーの高いそうな完全無欠コーヒー(バターコーヒー)でなぜ痩せるのかに興味があったからです。

MCTコーヒーで痩せるという事実に重要なポイントは3つあります。

  1. MCTコーヒーで痩せる効果は糖質制限と関係ある
  2. MCTオイルコーヒーの正しい作り方を知る
  3. MCTオイルコーヒーのダイエットに効果的な飲み方がある

「MCTオイルコーヒー」はダイエットや便秘解消などに効果のあるコーヒーです。
正しい作り方・飲み方を知って実践することでダイエットの効果を促進させることができます。

【関連記事】MCTオイルコーヒーバターなしココナッツオイルだけでダイエット効果があるのか

MCTオイルコーヒーバターなしココナッツオイル代用でダイエット効果があるのか
MCTオイルコーヒーはバターなしでダイエット効果があるのか? バターコーヒーのバターをMCTオイルで代用可能? 【痩せるコーヒー】MCTオイルコーヒーって知っていますか? ダイエットコーヒーブームに火をつけた『シリコンバレ...
スポンサードリンク

MCTオイルコーヒーとは何か?効果やおすすめ点は

MTCオイル(中鎖脂肪酸)

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

 

MCTオイルコーヒーとは何か?その効果や効能は

MCTオイルコーヒーは(MCTオイル中鎖脂肪酸)を加えたコーヒーのことです。
MCTオイルコーヒーはダイエット効果のあるコーヒーとしてまた認知症の予防効果があることも知られています。

MCTオイルコーヒーのおすすめのポイントはダイエット効果です。
MCTオイル(中鎖脂肪酸)は脂肪燃焼によるダイエット促進の機能を持っています。
また中鎖脂肪酸はエネルギー効率が糖質や他の脂質より極めて高く脂肪として蓄積されにくいという特徴があります。

MCTオイル(中鎖脂肪酸)はコーヒーの成分であるカフェインやクロロゲン酸のとの相乗効果
およびケトン体変換ダイエットとして糖質制限と合わせればその効果は更に大きくなります。

また中鎖脂肪酸は炭水化物(糖質)に代わる変換効率の良い新しいエネルギー源として
生活習慣病の予防や運動時の栄養補給、さらには脳の栄養源として注目されている物質です。

MCTオイルコーヒーのおすすめのポイントは激しい運動やつらい食事制限をなしで痩せることができる点です。
また、中鎖脂肪酸から作られるエネルギー源であるケントン体ダイエット中の栄養補給効果やリバウンドも防止してくれる効果があります。

まずは正しいMCTオイルコーヒーの作り方と飲み方で太りにくい健康なカラダを手に入れましょう。

スポンサードリンク

MCTオイルコーヒーは完全無欠(バターコーヒー)をMCTオイルで代用した飲料

ダイエットコーヒーとして知られる完全無欠(バターコーヒーからグラスフェッドバター)を抜いてMCTオイルで代用したものがMCTコーヒーです。
MCTオイルはもともとバターコーヒーの材料として使われていますのでバターコーヒーのバターなしタイプともいわれています。

バターコーヒで使われるグラスフェッドバターは牧草のみを食べて育った牛から作られた無塩バターのことです。
グラスフェッドバターは普通のバターに無い「オメガ3系脂肪酸」脂溶性のビタミン(AD EK)を豊富に含むことから
血液をサラサラにしてくれる効果やアンチエイジング効果もあります。

完全無欠(バターコーヒー)は(グラスフェッド)バターなしでもダイエット効果は変わりません。
グラスフェッドバターは完全無欠「バターコーヒー」においてはMCTオイルと似たような脂肪燃焼の働きがあります。
バターコーヒーのグラスフェッドバターをMCTオイルで代用してもOKということです。

スポンサードリンク

MCTオイルコーヒー痩せるダイエット効果のメカニズム

MTCオイルコーヒー痩せるダイエット効果のメカニズム

MCTオイルコーヒー痩せるダイエット効果

MCTオイルコーヒーで痩せるメカニズムは「ケトン体」の生成が深く関与しています。
MCTオイルは主成分である中鎖脂肪酸100%の油でココナッツやパームフルーツに含まれる天然成分です。
MCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸は体内でエネルギー源となる「ケトン体」の生成を促します。

このケトン体はエネルギー変換が非常に高い脂質でブドウ糖の代わりに脳やカラダのエネルギー源にもなります。
そして糖質からケントン体にエネルギーが代わることをケトジェニックダイエットと呼びます。
このケトジェニックダイエットはエネルギー効率の良いケトン体をエネルギー源とすることからリバウンドの少ない脳やカラダにも栄養の行き渡る理想的なダイエットが完成するのです。

また、ケトン体をエネルギーとして利用するケトジェニックダイエットは糖質制限と併用すればその効果は更に大きなものになります。
エネルギー源をケトン体に変える変換期において糖質制限は大きなダイエット成果を生み出します。

ケトン体が体内で生成されたかどうかは市販のケトン体検査試験紙を使って検査することが出来ます。

MCTオイルコーヒーで痩せるメカニズムをまとめると

MCTオイルコーヒーで痩せる仕組みメカニズムを紹介します。

MCTオイルとコーヒーの相性について

コーヒーとMCTオイルの相乗効果

コーヒーにはダイエット成分としてカフェインとクロロゲン酸というポリフェノールがあります。
カフェインは利尿作用により体内の水分や老廃物を排出することがダイエットに繋がるという人もいますが
その量は微々たるもので、利尿作用よりもカフェインは交感神経を刺激しカラダが目覚める機能から
様々な臓器に働きかけエネルギー熱量の消費量を増加せダイエットに寄与します。

コーヒーの成分ではカフェインよりクロロゲン酸がダイエットには直結するでしょう。
TMCオイルコーヒーのダイエット効果は中鎖脂肪酸とクロロゲン酸の働きと言っていいと思います。
コーヒーの成分であるクロロゲン酸は脂肪燃焼を促進する効果があります。
そのためMCTオイルとは非常に相性の良い成分なのです。

またクロロゲン酸は脂肪の吸収をおさえたり悪玉コレステロールを減らし血管のアンチエイジング効果も持っています。

筋トレや軽い運動や糖質制限との相性も良いMCTオイルコーヒー

MCTオイルダイエットでは軽い運動を併用するとさらにその効果は高まります。
運動としては有酸素運動(ランニング・縄跳び・散歩)など
無酸素運動として筋トレなども効果があります。
無理のない程度でもMCTオイルコーヒーを併用するのはおすすめです。

また、日清オイリオの調査ではアスリートに3ヶ月間MCTオイルを摂ってもらい「体のキレ」「運動後の疲労感」「疲労回復のスピード」の3項目を計測したところ有意な変化が見られたとあります。

MCTオイルコーヒーの作り方

スポンサードリンク
MTCオイルコーヒーの作り方

MCTオイルコーヒーの作り方

MCTオイルコーヒーの材料と作り方は極めてシンプルです。

材料は

  1. MCTオイル
  2. コーヒー

MCTオイルはココナッツオイルという名称で販売されていますが
市販のスーパーなどには無いことも多いのでネット通販がおすすめです。

MCTオイルコーヒーはクリーマー・ブレンダーで乳化させる

作り方はコーヒーとMCTオイルを混ぜるだけと極めて簡単ですが
よく混ぜ合わせて乳化させると体内への吸収がよくなるのでおすすめです。

乳化させるため機材として

  • クリーマー
  • ブレンダー

などをを用意するといいでしょう。

MCTオイルをコーヒーに混ぜて油浮きが気になるならパウダー状のMCTパウダー を使うとよく溶けてくれます。

MCTオイルコーヒーに砂糖を加えるのはOK?

MTCオイルコーヒーにアカシアの蜂蜜を入れてみた

MCTオイルコーヒーにアカシアの蜂蜜を入れてみた

 

甘さを加えたい場合は砂糖はやめて蜂蜜がおすすめです。
MCTオイルの味は無味無臭です。
そのため甘さが欲しい人もいるかと思います。
蜂蜜なら砂糖よりカロリーが低くダイエットにおすすめの栄養分もバッチリです。

【関連記事】コーヒーに はちみつダイエット!効果・効能は咳や喉にも有効

コーヒー はちみつの効果はダイエット?成分効能から検証
カロリーが低く美容やダイエットにいい「はちみつコーヒー」は喉の痛みを抑えたり咳を止める効果も検証されています。 コーヒーに、はちみつを入れるだけで、自宅で簡単に作れる 【はちみつとコーヒー】の効果や効能、美味しい作り方についてご紹介しま...

MCTオイルコーヒーを美味しく飲むおすすめレシピ

夏はMCTオイル入りアイスコーヒー
MCTオイルのアイスカフェラテ
MCTオイルは無味無臭などでサラダなどの料理にも使えます。

MCTオイルコーヒー夜は?飲むタイミング「朝・昼・」?量はどれくらい

スポンサードリンク
MTCオイルコーヒー飲むタイミング「朝・昼・夜」?量はどれくらい

ココナッツオイル(MCTオイル)の量はどれくらい?

 

MCTオイルコーヒーはいつ飲むのがおうすすなのかまた、
1日何回、朝昼晩どのタイミングで飲むのが良いのでしょうか。
ポイントは以下の3つです。

  • 朝食の変わり
  • 食事による糖質制限を併用
  • 夜飲むのはやめる

飲む量やタイミングはいつ飲むのがおすすめなのか
MCTオイルコーヒーの効果的な飲み方・時間帯をご紹介します。

MCT飲むタイミングは「朝・昼・夜」いつがいい?

朝食代わりにMCTオイルコーヒーを飲むのがおすすめです。
朝食MCTオイルコーヒーにするだけで痩せるという報告があります。

朝食は朝の始動時間であり最もエネルギーを摂取するタイミングです。

昼食・夕食時は糖質制限しながら摂るのがおすすめです。

昼食・夕食時もMCTオイルコーヒーはおすすめです。できるだけ糖質を摂らず高タンパク質の食事に切り替えて飲むとケトン体ができやすくなります。
仕事時の昼食など持ち歩きが難しいのでパウダーのMCTオイルのパウダーを持参すれば市販のコーヒーに混ぜて作ることもできるのでおすすめです。
また、夕食は意識して糖質を少なくするのも効果的です。

MTCオイルコーヒー夜遅くはカフェインで睡眠不足になるかも

夕食が済んだらMCTオイルコーヒーはそこまでにしましょう。
夜遅くに飲むとカフェインの覚醒作用で寝れなくなってしまうことも
たっぷり睡眠を取ることは成長ホルモンの分泌を促しダイエットにも貢献します。

MCTオイルコーヒー1日に飲む量はどれくらいまで

MCTオイルコーヒーの適正量は1日3杯~4杯くらいまでがおすすめです。
コーヒーの摂取量としてはカフェィンを過剰摂取しない配慮が必要です。

カフェインはコーヒー1杯(約150cc)に約90mg含まれます
1日のカフェインの上限の摂取量は400mgが妥当といわれており
150ccのカップなら4杯くらいまで、200ccのカップなら3倍までを目安にするといいでしょう。

MCTオイルは摂りすぎると下痢の原因にも

MCTオイルは摂りすぎると下痢を引き起こすことが報告されています。
ダイエットのためにMCTオイルを使った人の間で下痢や腹痛の報告があります。

MCTオイルは非常に素早く消化吸収されるという性質があります。
これは通常の油の5倍も早いスピードです。

その結果摂りすぎると下痢や腹痛になる可能性があるのです。

悪い成分で下痢になるのではありませんので、MCTオイルコーヒーを飲んで下痢や腹痛が起きたっ場合は
MCTオイルの量を大さじ半分以下くらいからはじめて徐々に増やしてゆくのが良いでしょう。

【関連記事】
バターコーヒーとMCTオイルコーヒーの違いは何?
バターコーヒーにバターを入れないでもダイエット効果があるってホント?
MCTオイルコーヒーバターなしココナッツオイルだけでダイエット効果があるのか

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました