コーヒーの種類

コーヒーとココアの違い!カロリーや胃腸・健康の効果効能 飲むならどっち?

コーヒー・ココアどっちにする?
甘党はココア、大人はコーヒー?

コーヒーとココアの成分の効能が見直されてきた。

どこが違うのかココアとコーヒー

こちらの記事では

ココアとコーヒーの違い

ココアとコーヒーのそれぞれの効果効能

ココアとコーヒー混ぜたらどうなる
このような疑問について詳しくご紹介しています。

スポンサードリンク

コーヒーとココアどっちがおすすめ

こちらの記事では
コーヒーとココアの原料や成分の違い

カフェインの含有量の違い

健康効果などから、どのようなケースでコーヒーもしくはココアがおすすめなのかをご紹介します。

スポンサードリンク

「ココアとコーヒー」の違いは何?

日頃からおなじみ深いコーヒーとココア似てるけど「違う」といわれている飲み物です。

では、具体的にコーヒーとココアはどこが違うのか?
また、健康促進やダイエットについてはどちらがおすすめなのでしょうか?

コーヒーとココアの違いですが
原材料と加工方法の違いとカフェインのなどの含有量の違いがあります。

それでは

スポンサードリンク

H2. ココアについて

ココアの名称について
ココアは「カカオの樹」からとれる「カカオ」豆が原料です。もともとメキシコや南米からスペインに持ち帰られたカカオの発音が訛ってココアと呼ばれるようになったそうです。

H3:「純ココア(ピュアココア」」と「調整ココア」

ココアには「純ココア(ピュアココア」」と「調整ココア」があります。

純ココアと調整ココアってどこが違うのでしょうか?

ココアの原料はチョコレートの原料と同じ「カカオマス」

カカオ豆を発酵・乾燥したものがチョコレート

カカオマスにはカカオバターという脂肪分が多く含まれています。

ピュアココアとは

純ココアはカカオマスからカカオバターを取り除いて粉末状にしたものであり、砂糖や添加物は一切加えて

調整ココア

純ココアに砂糖や脱脂粉乳などを混ぜたものは、調整ココア

簡単に飲めるお湯や牛乳を加えて混ぜる
お菓子や料理に使うなら純ココア、ココアドリンクを飲みたいだけなら調整ココア
ココアパウダーに、粉末の乳糖、ぶどう糖、麦芽糖などの糖類や脱脂粉乳、全粉乳などの乳製品、ナッツなどを加えて飲みやすくしたもの

H2: コーヒーについて

スポンサードリンク

コーヒー
世界各国で愛飲
コーヒー豆(コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯または水で成分を抽出した飲料

焙煎とは

浅煎り:酸味がメインの焙煎度合い
ブラックで飲むとよりフルーツ感を味わうことができます。

中煎り:定番の焙煎度合い。迷ったら中煎りを
ブラックでそのまま飲んでも、ミルクを入れて甘くするのもよいでしょう。

深煎り:香ばしく苦みが強い。カフェラテやアメリカンに合う
ミルクや砂糖で甘くするか、お湯で割ったアメリカン

代表的なブランドコーヒー

中南米「ブルーマウンテン」

酸味と苦みのバランスがよく、飲みやすい
コーヒー生産量1位のブラジル
ジャマイカの「ブルーマウンテン」

アフリカ「モカ」「キリマンジャロ」

昼夜の寒暖差が大きく、コーヒー豆が熟しやすい良質な酸味を含んだ豆が栽培
イエメンの「モカ」や、タンザニアの「キリマンジャロ」
アジア

東南アジア「マンデリン」

重厚感のある苦味とコクが特徴
インドネシアの「マンデリン」

H2 コーヒーとココアの原材料と成分の違い

スポンサードリンク

コーヒーとココアの原材料と成分の違いをまとめてみましょう。

原材料
カフェインの含有量
加工方法

共通点

原料や作り方の違い

コーヒーの原料

樹木:コーヒーノキ(アカネ科の植物)
果実:コーヒーチェリー
種子:コーヒー豆
コーヒーの木から採れたコーヒー豆を焙煎した挽いた粉末

コーヒーの加工・製造方法
コーヒーノキから果実を収穫
果実から種子を取り出す
乾燥させたのが「コーヒー豆」
コーヒー豆を焙煎
粉状に砕く
抽出したらコーヒーが飲める

ココアの原料

樹木:カカオ(アオギリ科の植物)
果実:カカオポッド
種子:カカオ豆
カカオの木から採れたカカオ豆
ココアバター(油)を取り除いたココアパウダー(カカオパウダー)です。
ココアの加工・製造方法
カカオの木から果実を収穫
果実から種子を取り出す
乾燥させたのが「カカオ豆」
カカオ豆を焙煎
皮など除去しカカオニブとなる
ペースト状にしてカカオマスにする
油分(ココアバター)を取り除き塊にする
塊のカカオマスを粉状に砕いたのがココアパウダ

成分の違い

コーヒーとココアの 成分の違いを見て行きましょう

コーヒーとココアのカフェイン量 子供や妊婦さんはココアがおすすめ
カフェインといえばコーヒーといわれるくらいコーヒーを代表する成分ですがココアにもカフェインが入っています。

コーヒーは約100mL当たり、40~60mg程度含んでいます。1杯を150mLとした場合は、60~90mg程度となります。

ココア
ココア1杯当たりのカフェイン量を計算すると、ピュアココアで10mg、ミルクココアで微量含まれていることになります。(ピュアココア粉末5g・ミルクココア粉末20g使用時)

ほぼカフェインがない

H3. ココア コーヒー カロリーの違い ダイエットにはコーヒーがおすすめ

ダイエット中の方は気になるのがやはりカロリーですね。
ココアとコーヒーのカロリーを見てみましょう。

共通点
世界中で愛飲されている飲み物
生産地が亜熱帯で赤道付近
原料は木の実の種子で豆を焙煎して作る
カフェインとポリフフェノール含有
美容や健康的にも良い効果あある

H2. コーヒーとココアの健康効果

健康への効果効能を比較

おすすめは
・勉強
・仕事
・スポーツ

コーヒーとココア混ぜると美味しい
コーヒー豆とカカオ豆の組み合わせ

ココアとコーヒーともに体にいい成分が含まれています。
ここではコーヒーとココアの成分と健康効果について見てゆきます。

ココアとコーヒーを混ぜたカフェモカがいかにカラダにいい飲料なのかがわかりますよ。

H4: コーヒーの効果

コーヒー(コーヒー豆)の栄養と効能?
カフェインとクロロゲン酸の効能

カフェイン
カフェインは、コーヒーを飲んでおよそ20~30分で吸収されて血流にのり、全身を巡ります。
カフェインの大きな特徴は、脳に作用するということです。多くの化学物質は、「血液脳関門」という脳のバリアによって脳内には入ることができませんが、カフェインはこの関門を通過して脳に到達するのです。

カフェインは基礎代謝を上げる

カフェインの効果は覚せい作用
集中力を高める効果
自律神経の働きを高め
運動能力を向上
心臓の筋肉の収縮力を強化
利尿効果
老廃物の排出
ポリフェノールクロロゲン酸
コーヒーで心臓病・脳卒中・呼吸器疾患の死亡リスク低下
2015年5月に、国立がん研究センター予防研究グループ
コーヒーに含まれるポリフェノールであるクロロゲン酸

赤ワインに次いでポリフェノール量が多いのがコーヒー
活性酸素などから体を守る抗酸化作用
活性酸素が原因
がんや、動脈硬化、心筋梗塞、などの生活習慣病の予防
紫外線による肌のダメージを防ぐ効果
シミが少ない

 こんな人にコーヒーはおすすめ

受験勉強や仕事で深夜遅くまで頑張らにといけない
試験などで集中力を増したい
スポーツでここ一番で集中したい

H3 カフェインの健康面での注意点

カフェインの睡眠への影響

カフェインの注意点
めまいを起こしたり、心拍数が増加したりといった症状
精神への影響も出やすく

2015年には、エナジードリンクによるカフェイン中毒についての報道

欧州食品安全機関(EFSA)は、成人が摂取しても体に影響がないとみられる1日当たりのカフェインの最大摂取量を設定しています(EFSA J 2015,13(5),4102)。成人なら1日400mg、コーヒー1杯(150mL)当たりのカフェイン量をおよそ80mgとすると、5杯程度でカフェインの最大摂取量になります

子どもは大人の4分の1ほど(体重30kgで1日90mg)と考えてください。妊婦や授乳婦は200mg(コーヒーだけなら1日2~3杯)までを目安

ココアの効果

ココアの栄養と効能
カカオポリフェノールの効能

カカオポリフェノールを摂取することで、期待される3つの効果
「血圧低下」

「動脈硬化予防」

「老化防止」

神戸徳洲会病院
https://www.kobetokushukai.org/staff/4478/

ピュアココアにはカカオポリフェノールがたっぷり含まれています。

まとめ  コーヒーとココアどっちがおすすめ

共通の

コーヒー と ココア の 違い 50
コーヒー より ココア 10
ココア 効能 胃腸 390
コーヒー 純 ココア 10

コーヒー ココア カフェイン 20

コーヒー ココア 健康 10
ココア コーヒー カロリー 10
コーヒー ココア 効果 10

スポンサードリンク