コーヒーにおすすめの食材

バターコーヒーの作り方「豆乳を入れるアレンジメニュー オイルソイラテ」

バターコーヒーの作り方

バターコーヒーに甘さを加えたい
ダイエットなので砂糖はまずいですよね。
そこでバターコーヒーを美味しく飲むのにおすすめが豆乳です。
香ばしくてヘルシーな豆乳を加えた「オイルソイラテ」の作り方をご紹介します。

【関連記事】麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?コーヒー豆乳カロリーとダイエット効果なし?

麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?
麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?コーヒー豆乳カロリーとダイエット効果なし?麦芽(豆乳)コーヒーは健康にいいそうですが、気になるのはカロリー、、、麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?豆乳コーヒーのダイエット効果につい...
スポンサードリンク

バターコーヒーの味付けは砂糖?バターのみでは物足りない

ダイエットコーヒーとして人気のあるバターコーヒー

材料は

  • コーヒー
  • グラスフェッドバター
  • MCTオイル(ココナッツオイル)

バター入りのコーヒーということで
バターコーヒーの味付けはグラスフェッドバター のみということになります。また人によっては「グラスフェッドバター」の入手が困難というケースも多いようです。
そして、もう少し甘みが欲しいところですがダイエットコーヒーに砂糖はNGですね。

そこで、おすすめが、味と腹持ちとヘルシーさで豆乳です。

もちろん、グラスフェッドバターの入ったバターコーヒーに豆乳を混ぜてもいいのですが、
今回はグラスフェッドバターの代わりに豆乳を入れることでバターコーヒーと同じ栄養効果を持つダイエットドリンクとして
「オイルソイラテ」の作り方をご紹介します。

スポンサードリンク

バターコーヒーに豆乳を入れると?

バターコーヒーのグラスフェッドバターの代わりに入れる食材でおすすめなのが『豆乳』
豆乳で割ったコーヒーはソイラテとして人気です。

人気の秘密はソイラテの豆乳にはイソフラボンなどの
美容効果 健康効果 ダイエット効果がある成分が豊富に含まれているからです。

バターコーヒーのグラスフェッドバターの代わりに入れる食材でおすすめなのが『豆乳』
豆乳で割ったコーヒーはソイラテとして人気です。

人気の秘密はソイラテの豆乳にはイソフラボンなどの
美容効果 健康効果 ダイエット効果がある成分が豊富に含まれているからです。

【関連記事】
豆乳コーヒーの効果について

少しおさらいになりますが
バターコーヒーの材料である牧草のみで育てた牛からとれるグラスフェッドバターは普通のバターにないオメガ3脂肪酸が含まれています。
オメガ3脂肪酸の働きは体脂肪を減らすことです。

また、MCTオイルは中鎖脂肪酸という成分が多く含まれていて脂肪の燃焼を促進する働きがあります。

また、バターコーヒーダイエット法はして糖分を制限してグラスフェッドバターとMCTオイルの脂質によるエネルギー代謝で賄うという置き換えダイエット法です。

そのためグラスフェッドバターは糖分に代わる豊富なエネルギー源となるわけですが
グラスフェッドバターもMCTオイルも飽和脂肪酸も含まれていてバターコーヒーの飲み過ぎは体脂肪の増加を招くことにもなりかねません。

そこで、グラスフェッドバターの持つ豊富な栄養成分の代わりに豆乳を使うという方法があるわけです。

バターという動物性のタンパク質に偏りがちなところを植物性の豆乳を入れることでより良質のタンパク源を摂ることができるのです。

また豆乳はダイエットのための飲み物としてーヒーとの相性がいいですし
また、味の面でもバターコーヒーのバターよりもコーヒー全体としての風味を引き出してくれます。

バターコーヒーアレンジメニュー『オイルソイラテ』の作り方

今回はバターコーヒーのグラスフェッドバターの代わりに豆乳を加えるバターコーヒのアレンジメニュー「オイルソイラテ」の作り方をご紹介します。
「オイルソイラテ」グラスフェッドバターを使わないのでバターコーヒーとは呼べないかもしれませんがバターコーヒー同様のダイエットコーヒーメニューです。

バターコーヒーの作り方は
コーヒーとバター MCTオイルを混ぜるだけですが
よく混ぜて空気となじませ乳化するのがポイントでした。
この場合はミキサーなどを使うのがいいでしょう。

オイルソイラテも出来ればミキサーなどを使ってよく泡立てるほうが吸収もよくなります。

材料

  • コーヒー(インスタントでも可能)
  • MCTオイル
  • 豆乳(調整豆乳もしくは無調整豆乳)

作り方

  1. カップ半分の豆乳をレンジで温める(高い温度で加熱しない)
  2. カップ半分のコーヒーを作る(ドリップコーヒーもしくはインスタントコーヒー)
  3. 豆乳とコーヒーを混ぜる※1
  4. 大さじ1杯分のMCTオイルを加える
  5. ミキサーなどを使ってよく混ぜる

以上で完成です。

※1このとき、無調整調乳を使うと熱で膜ができる可能性がありますので
あまり高い温度で加熱しない膜が出来たらちゃんととってから混ぜる
のが美味しく作るポイントです。

また、甘さを加えたいならカロリー面と栄養面では蜂蜜がおすすめです。
蜂蜜は豆乳とも合いますのでカロリーは砂糖より低くてダイエットを支援する栄養成分たっぷりのはちみつで美味しいオイルソイラテの完成です。

【関連記事】はちみつを入れた蜂蜜コーヒーの効果や効能はこちら>>>コーヒーとはちみつのダイエット!効果・効能は咳や喉にも有効

朝1一杯の、はちみつコーヒーの効果
コーヒーに はちみつダイエット!効果・効能と美味しい作り方コーヒーに入れる砂糖のカロリーが気になるなら蜂蜜に代えてみませんか。蜂蜜は低カロリーでビタミンB1類やミネラルが豊富で美容や健康効果もバッチリ。またコーヒーのカフェインやクロロゲン酸と合わせてダイエット効果も期待できます。...

まとめ

バターコーヒーはダイエットドリンクとして人気がありますが実際作って飲んでみると味の面でもう一つ何かほしい感があります。
またグラスフェッドバターが入手しにくいという点もあります。
そんなときはミルクや牛乳を加よりもヘルシーな豆乳を加えて、砂糖の代わりにはちみつを加えればあなただけの完全無欠のダイエットコーヒーができあがります。ぜひお試し下さい。

スポンサードリンク