おすすめの食材レシピ

コーヒーと豆乳が分離しないソイラテの作り方!豆乳は無調整「コーヒーと豆乳が分離しない対処方法」

コーヒーと豆乳が分離しない方法

豆乳コーヒーの作り方で難しいのが豆乳とコーヒーが分離してしまう問題です。

牛乳の代わりに豆乳を入れたソイラテ(ソイコーヒー)が人気です。

でも、自宅で豆乳を買って来てソイラテを作ってもコーヒーと豆乳が分離して上手く作れない。そんなことはありませんか?

  • 家でソイラテを作ろうとしてもコーヒーと豆乳が分離してうまく作れない
  • コーヒーと豆乳が分離する原因と対処・対策を知りたい
  • ソイラテ効果(コーヒーに豆乳を入れる効果)を知りたい

コーヒーと豆乳は混ぜると分離しやすい性質があります。

そこで美味しい自宅で美味しいソイラテを作るためにコーヒーと豆乳が分離する原因と対策そしてコーヒーに豆乳を入れる効果をご紹介いたします。

記事のトピックス

コーヒーに豆乳を入れるソイラテの効果・メリットは美味しさとヘルシー

コーヒーに豆乳お家で美味しいソイラテを作る方法

コーヒーと豆乳が分離してしまう原因と対処・対策【ソイラテづくりのポイントはココ】

豆乳 コーヒー 作り方 40
コーヒー 豆乳 分離 210

スポンサードリンク

コーヒーに豆乳を入れるソイラテとは

コーヒーに豆乳を混ぜるソイラテ

コーヒーと豆乳は味や健康面でも非常に相性相性のいい食材です。

コーヒーを牛乳やミルクの代わりに豆乳で割ったとう豆乳コーヒー(ソイラテ)はスタバやタリーズなどでも人気メニューです。

スポンサードリンク

コーヒーに豆乳(ソイラテ効果)メリット

コーヒーに豆乳を入れるソイラテの効果・メリットは美味しさとヘルシー

豆乳とコーヒーの味の相性は抜群、コーヒーに風味と大豆風味のまろやかさが加わります。特に無調整豆乳を使うとコーヒーをいい風味に仕立て上げることができます。

豆乳の大豆イソフラボンは悪玉コレステロールを低減し血管を若々しく保つアンチエイジング効果があります。またコーヒーのクロロゲン酸はレモンの約10倍の抗酸化力をもつなどソイラテは牛乳を加えたカフェラテよりもヘルシーな飲み物です。

豆乳の大豆イソフラボンの効果と働きに注目

ソイラテの材料となる豆乳には大豆イソフラボンが含まれています。大豆イソフラボンは前出したように

  • 悪玉コレステロールを低減
  • 血糖値の急激な上昇を防ぐ
  • 血管を若々しく保つ

などの効果があります。

また豆乳の成分は植物性脂肪や植物性のたんぱく質で出来ていて動物性の牛乳に比べてヘルシーといえます。

乳製品アレルギーでもOK

ミルクが苦手・豆乳でカフェラテやカフェオレ風のまろやかなコーヒーを楽しめます。スタバやタリーズでは乳製品アレルギーの人向け(間違わないように)に、コーヒーを豆乳で割るときに出すソイカードというものがあります。

珈琲+豆乳はダイエットにも効果的

大豆イソフラボンの効果とコーヒーのカフェインやクロロゲン酸の効果をかけ合わせればソイラテは牛乳で割るカフェラテよりも低カロリーでありダイエット効果も期待できます。

ソイラテはアレンジレシピが楽しめる

ソイラテはコーヒーの味をまるくすることから味のバリエーションも楽しめます。ソイラテに蜂蜜を入れたハーニーソイラテは自宅でも簡単に作れるのでおすすめです。

スポンサードリンク

コーヒーに豆乳お家で美味しいソイラテを作る方法は

スタバやタリーズの人気商品にソイラテがあります。すっきりして適度な甘さで飲みやすくて私も好きな飲物です。

ソイラテはコーヒーに牛乳の代わりに豆乳を混ぜて作るのですが、自宅で作ろうとしたときにうまく作れません。

実際ソイラテを自分で作ってみると、コーヒーと豆乳ってダマになって分離してうまく混ざらないなんてことに、、

うまく作れない一番の原因は豆乳と珈琲の2つの材料が混ぜると分離しやすいことにあります。

そこで自宅で美味しいソイラテを作るためコーヒーと豆乳が分離してしまう原因と対策をご紹介します。

コーヒーと豆乳が分離する原因と対処

スポンサードリンク

なぜコーヒーと豆乳が分離するのか

まずは、コーヒーと豆乳がうまく混ざり合わない原因はいくつかの要因が複雑に絡み合っています。その要因は豆乳が熱と酸で固まる性質があることと、豆乳の成分によって分離しやすさが違うということです。

まずはコーヒーと豆乳が分離する原因をみてみましょう。

コーヒーと豆乳が分離する原因

コーヒーと豆乳が分離しやすい理由は2つあります。

  1. 豆乳のタンパク質が熱で固まるため
  2. 豆乳のタンパク質がコーヒーの酸で固まるため

熱が豆乳を固めて分離してしまう

豆乳に熱いコーヒーを加えるとコーヒーの熱で豆乳に含まれているタンパク質が固まり、ダマになって分離してしまいます。

コーヒーの酸で豆乳のタンパク質が分離

コーヒーは酸味を持った飲みものです。

豆乳に含まれているタンパク質がコーヒーの酸で固まってしまうのも分離の原因となっています。

コーヒーと豆乳が分離しやすい無調整豆乳

スポンサードリンク

豆乳には無調整豆乳と調整豆乳があります。

コーヒーに入れる豆乳は無調整の場合に分離することが多いことがわかります。ではなぜ、無調整豆乳で分離しやすいのでしょうか?

無調整豆乳と調整豆乳ではコーヒーと分離が違う

まずは、無調整豆乳と調整豆乳の大きな違いは、含まれている大豆固形成分の割合で区別されています。以下の割合をご覧いただくと無調整豆乳に大豆の割合が多く、その分タンパク質が多く含まれていることがわかると思います。

無調整豆乳

『大豆固形分が8%以上のもの』

豆乳の成分そのものに何も添加物を加えていないもので、大豆そのものの成分。作り方は大豆から繊維を取り除きタンパク質などの成分を熱湯で溶出させただけのシンプルな作り方です。甘さは少なく大豆の香りがします。

調整豆乳

『大豆固形分が6%以上のもの』

無調整豆乳に、飲みやすいように甘みなどを加えたもので、添加物としては食用植物油脂、砂糖・食塩などを加えます。

無調整豆乳がコーヒーと分離しやすい理由

では、なぜ無調整豆乳と調整豆乳ではコーヒーと混ぜた時に分離が違うのでしょうか?

調整豆乳には水と油を混ざりやすくする乳化剤が入っているので、コーヒーの熱や酸と混ざりあっても分離しにくい性質があります。

一方無調整豆乳はこの乳化剤が入ってないため混ぜるとコーヒーの熱や酸に反応して分離してしまうわけです。

調整豆乳にはコーヒーと混ぜても分離しにくいという性質があります。

「コーヒーと豆乳が分離しない」ソイラテを作る3つの方法

コーヒーに豆乳を入れて美味しいソイラテを作るにはいくつかの方法があります。

  1. コーヒーに酸味の少ない種類のものを使う
  2. 調整豆乳を使う
  3. 豆乳のタンパク質が固まらないアイスコーヒーにする

という方法があります。

1 コーヒーに酸味の少ない種類のものを使う

「コーヒーと豆乳が分離しない豆乳コーヒーを作る方法①」

酸性と熱で固まりやすい豆乳の性質から酸味の少ないコーヒーを使い低温で混ぜるという方法があります。

酸味の少ないコーヒーは

  • ブラジル
  • マンデリン
  • ブルーマウンテン

また、コーヒー豆は深まるほど苦みが増しますが、酸味は弱くなります。
なので、これらの種類のコーヒーの深煎り焙煎がソイラテ作りに向いています。

混ぜる温度は

70℃位であまり高くしないことがポイントです。

2 調整豆乳で作る

「コーヒーと豆乳が分離しない豆乳コーヒーを作る方法②」

もともと分離しにくい調整豆乳を使うと分離しないソイラテが作れます。このときもコーヒーの酸味や温度には気をつけましょう。

3 アイスコーヒーにする

「コーヒーと豆乳が分離しない豆乳コーヒーを作る方法③」

アイス コーヒーと豆乳は分離しない

アイスコーヒーにすると豆乳の熱で固まりやすい性質を避けることができます。ソイラテはアイスがおすすめです。

しかし、分離しやすい無調整豆乳で作るホットのソイラテは大豆の香りも高くヘルシーで是非自宅で作って飲んでみたいものですよね。

次に無調整豆乳とコーヒーで分離させない作り方をご紹介します。

コーヒーと無調整豆乳で分離しにくいソイラテを作る

コーヒーと豆乳が分離しやすい無調整豆乳ですが、無調整豆乳を使えば大豆の香りが高く美味しいソイラテができるので是非チャレンジしてみることをおすすめします。

まずは「豆乳とコーヒー分離しない」美味しい豆乳珈琲(ソイラテ)の作り方としてインスタントコーヒーでできる簡単な方法をまず紹介します。

豆乳コーヒー分離しない方法 ポイントは2つ

無調整豆乳を使った豆乳とコーヒーが分離しないソイラテの作り方。

豆乳コーヒー分離しない方法

ポイントは温度

豆乳のタンパク質が固まらないように混ぜるお湯の温度を下げておく。

お湯の分量より、豆乳を多めにすると温度も下がります。

豆乳の膜を取ること

豆乳を温めた時に膜ができますが、膜を残しておくと後々ダマになる原因となりますので必ず豆乳の膜を取りましょう。

分離しない豆乳コーヒーの作り方・レシピ

コーヒー 豆乳 分離 210

材料

  • 無調整豆乳
  • インスタントコーヒー
  • お湯

作り方

  1. 豆乳の温度を70度くらいの低温でカップに半分入れる
  2. 表面に張った膜がを取る
  3. インスタントコーヒーを入れて良く混ぜる
  4. 豆乳と同じくらいの温度のお湯をそそぐ

 

調整豆乳と無調整豆乳で分離しない美味しいコーヒーの作り方ですがいかがだったでしょうか?

こちらの記事では豆乳コーヒーの効果についてもふれておきたいと思います。

【関連記事】

コーヒー豆乳は血管にいい飲み物!カロリー・コレステロール・糖質
■リライト)コーヒー豆乳カロリー・血管効果とコレステロール・糖質についてご紹介コーヒー豆乳は、低糖質でカロリーオフ。血糖値を安定させ、悪玉コレステロールを減らす血管にいい飲み物です。コーヒー豆乳の豆乳は無調整豆乳を使ったものがおすすめです。 ...

 

コーヒー 豆乳 分離 320
コーヒー 豆乳 分離 する 10
豆乳 コーヒー 分離 しない 方法 20
コーヒー 豆乳 分離 原因
コーヒー 豆乳 分離 しない

スポンサードリンク