コーヒーにおすすめの食材

麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?コーヒー豆乳カロリーとダイエット効果なし?

麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?

麦芽(豆乳)コーヒーは健康にいいそうですが、気になるのはカロリー、、、麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?豆乳コーヒーのダイエット効果について

コーヒー 太る?

100gでわずか7Kaclという低カロリーのコーヒー自体で太ることはありません。しかし砂糖をはじめコーヒーに加えるもの次第ではカロリーが高くなってしまうことは太る原因になります。

では、コーヒーに豆乳を入れるとどうなのでしょうか?

豆乳コーヒーとは、牛乳(ミルク)の代わりに豆乳を入れて飲むコーヒーです。
健康的な豆乳で珈琲を割ったソイラテが人気です。

また麦芽を入れた、麦芽豆乳コーヒーも健康飲料として販売されています。

コーヒーと豆乳の組み合わせは健康に良いともいわれています。

しかし豆乳コーヒーはカロリーが高く「太る?」とも言われているようで、「ダイエットの効果なし?」の声も、、、

気になる「麦芽(豆乳)コーヒー」の太る?またはダイエット効果の真相はどうなのでしょうか?

豆乳コーヒー「ソイラテ」のダイエット効果について詳しく調べてみました。

麦芽コーヒー効能効果は大豆のイソフラボン
【麦芽コーヒー効能】麦芽コーヒーは豆乳の栄養イソフラボン効果に注目こちらの記事では麦芽コーヒーの効能と効果 (豆乳栄養成分のイソフラボンの効能や効果)についてご紹介します。 麦芽コーヒー材料は以...
スポンサードリンク

麦芽(豆乳)コーヒーは太るのか?

豆乳コーヒー(麦芽豆乳コーヒー)は太るのでしょうか?

ご安心下さい。豆乳コーヒー(麦芽豆乳コーヒー)を普通に飲んでいれば太るということはありません。

しかし、豆乳コーヒーのカロリーが気になる方に

自分が飲んでいる豆乳コーヒー(麦芽豆乳コーヒー)は無調整豆乳なのか調整豆乳なのか、またカロリーオフ商品なのか正しく知っておきましょう。

豆乳コーヒーはダイエットに向いてない飲み物に指定されている?

コーヒーの成分であるクロロゲン酸とカフェインには脂肪燃焼効果があり利尿作用や
カラダのむくみの予防作用からダイエットに向いています。

一方、豆乳は太る飲料、ダイエットに向いてない飲料といわれています。しかし実は太るのは砂糖や添加物の入っている調整豆乳です。無調整豆乳や糖質オフの豆乳なら大丈夫です。

豆乳コーヒーを作る場合はまず、材料の豆乳を手に取って無調整か調整かを確認してみてください。

豆乳で太るといわれている原因は調整豆乳

豆乳にはイソフラボンが豊富に入っていますし、満腹感もある程度満たせます。

カロリーの低いコーヒーに入れて飲むといいような感じがしますがなぜ、豆乳コーヒーは太るといわれているのでしょうか?

実は豆乳には無調整豆乳と調整豆乳がありカロリーや成分が大きく違うのです。

スポンサードリンク

調整豆乳と無調整豆乳のカロリーを比較

では、ヘルシーさを売り物にしている豆乳ですが、コーヒーに入れると太ると言われる原因は何のなのでしょうか?

豆乳には調整豆乳と無調整豆乳があります。

ここで豆乳の種類が
調製豆乳と無調整豆乳があることを簡単にご紹介して、豆乳コーヒーで太らないための対策についてもご紹介します。

調製豆乳

調整豆乳は飲みやすく味をととのえるために砂糖などを加えておりその分カロリーも高くなっています。
脂質や糖質の量も無調整豆乳より高く、ほぼ牛乳と同じカロリーになっています。

無調整豆乳

一方、大豆以外何も添加物を加えていない豆乳が無調整豆乳です。
脂質や糖質も低くヘルシーな飲み物です。

調整豆乳には、飲みやすくするため甘さを増す砂糖などが添加されています。
また、脂質も多くなっています。

いっぽう無調整豆乳は、豆乳の原材料である大豆と水以外には何も添加されていません。

調製豆乳と無調整豆乳のカロリーを比較してみると

100gあたり
調製豆乳……約64kcal
無調整豆乳……約46kcal

コーヒーに比べるとカロリーは高いですが

牛乳と比較100gあたりのカロリー67kcalと比較すると
調製豆乳はほぼ同じくらい、無調整豆乳は20Kcalくらい低いことがわかります。

豆乳が太るといわれているのはこの調整豆乳を入れることにあります。

実は無調豆乳はダイエット向きです。

無調豆乳は砂糖などの糖質オフですし、脂質も調整豆乳や牛乳と比べれば低く

体にいいイソフラボンも含まれ、満腹感も満たせるのでダイエットにおすすめです。

コーヒー豆乳のカロリーとダイエット効果は?

豆乳コーヒーのダイエット効果ですが
まず、コーヒーの成分であるカフェインの脂肪燃焼と基礎代謝をアップが期待できます。

また豆乳(無調整豆乳)は低糖質でダイエット向きの飲料です。

糖分・脂肪分を抑えつつ高タンパクでしかも植物性の質の良いタンパク質が
摂れます。

豆乳は血糖値が上がるのを抑え油や糖分を吸収しにくくする効果があり
低糖質ダイエットでの栄養不足を補う役目としても最適です。

【関連記事】

コーヒーとはちみつのダイエット!効果・効能は咳や喉にも有効

コーヒーに はちみつダイエット!効果・効能と美味しい作り方
コーヒーに はちみつダイエット!効果・効能と美味しい作り方コーヒーに入れる砂糖のカロリーが気になるなら蜂蜜に代えてみませんか。蜂蜜は低カロリーでビタミンB1類やミネラルが豊富で美容や健康効果もバッチリ。またコーヒーのカフェインやクロロゲン酸と合わせてダイエット効果も期待できます。...

低カロリーのコーヒーの効果

コーヒーはカロリーが非常に低い飲み物として知られています。

ブラックコーヒー200mlのカロリーは約7kcalというほどの低カロリーです。

コーヒーがいかに極めて低カロリーな飲み物だということがおわかりになったと思います。

また、成分であるカフェインやポリフェノールのクロロゲン酸は
新陳代謝を促進しダイエット効果があるといわれています。

豆乳コーヒーカロリーオフ

また、更にカロリーを減らしたいなら
市販の豆乳コーヒーにはカロリーオフの商品が発売されており
手軽にダイエットの補助として活用することもできます。

ソイラテはヘルシーでダイエット向き

無調整豆乳を使った豆乳コーヒーはヘルシーでダイエット向きです。

スタバなどでのソイラテは無調整豆乳が使われており大豆の香りが高いヘルシーな飲み物として人気があります。

豆乳コーヒーは更にカラダに良い成分があり、少なくとも牛乳を入れるよりも
で太るということはありません。

むしろ豆乳コーヒーは
太るというよりはダイエット効果が期待できる飲み物なのです。

コーヒー豆乳でのダイエットなら無調整豆乳がおすすめです。

豆乳コーヒーのダイエット効果をあげる飲み方

コーヒー豆乳でのダイエットなら無調整豆乳で、そして飲む時間や量を考えればダイエット効果を高めることが出来ます。

コーヒー豆乳飲む量や時間は

健康にいいという豆乳も
飲みすぎると知らぬ間に体重が増えてしまうこともありますので飲む量や時間帯には気をつけんましょう。

豆乳のタンパク質成分であるイソフラボン代謝が早いことが知られています。

イソフラボンは栄養の吸収率が高くエネルギー効率がいい栄養素です。

摂取から約6~8時間で50%が排出されます。

空腹状態に飲み満腹感で食事制限

豆乳コーヒーを飲むなら朝がおすすめです。

朝食は1日の栄養を摂る大切な食事の時間です。朝の空腹な状態で豆乳コーヒー飲むと栄養補給と
満腹感が得られやすく食べ過ぎを防ぐ意味でもダイエット効果が期待できます。

珈琲のカフェインはダイエット効果がありますが、
豆乳を入れることで胃に負担がかからないという効果もあります。

しかも牛乳よりヘルシーな
豆乳コーヒーはダイエットにおすすめです。

豆乳コーヒーの効果

豆乳コーヒーはダイエット以外にもコレステロール低減や血管の若返りなどの健康効果がみとめられています。

コーヒーに豆乳で得られる効果・効能

コーヒーに豆乳を加えた豆乳コーヒーの効果・効能は以下のようなものがあります。

  • 美肌効果
  • 肩こり予防
  • 便秘解消
  • がんの予防
  • コレステロール値の低下
  • 骨粗しょう症予防

【関連記事】

コーヒー豆乳の効能はキッコーマン 豆乳コーヒー 効果

スポンサードリンク