コーヒーの種類

インスタント粉で水出しコーヒーの作り方!分量やお茶パックのポイントを紹介

水出しコーヒーはご存じですか?
コーヒー豆を挽いて水で長時間かけて抽出するコーヒーです。

別名コールドブリューと呼ばれる水出しコーヒーは
時間をかけた分、コーヒーのコクや味わいが深いのが特徴です。

本格的に作ろうとするとちょっと手間暇かかるのですが
インスタントコーヒー粉を使って水出しコーヒーが作れるのかどうか調べてみました。

自宅でインスタントコーヒーを使って簡単に作れる水出しコーヒーを味わってみてください。

スポンサードリンク

水出しコーヒーはアイスコーヒーと全く違う作り方

味・風味がいい水出しコーヒーですが、アイスコーヒーと作り方が全く異なっています。

アイスコーヒーは
お湯で作ったホットコーヒーを冷たく冷やしたものです。
お湯に溶けやすいインスタントコーヒーでも簡単に作ることができます。

いっぽう水出しコーヒーは
コーヒー豆を挽いて長時間かけて水で抽出します。
ここで問題になるのが、

  • インスタントコーヒーが水に溶けるのか?
  • インスタントコーヒーで作れるのか?

という問題ですが、水出しコーヒーはインスタントコーヒーの粉でも作ることができますのでご安心ください。

スポンサードリンク

水出しコーヒーをインスタントコーヒーで作る

では、水出しコーヒーをインスタントコーヒーの粉を使って作る手順を説明します。

まず、用意するもの

  • インスタントコーヒーの粉
    量は500mlの水で40gのコーヒー粉
  • お茶パック
  • ボトル
  • 飲料水:ミネラルウォーターなど(500ml)

作り方は簡単です。
インスタントコーヒーの粉をお茶パックで包んでボトルの飲料水に浸して冷蔵庫に入れるだけです。

約12時間後、パックを取り出すとできあがりです。

 作り方のポイントは粉の量と時間

インスタントコーヒーの粉で美味しいく作るポイントは粉の量と抽出時間になります。

粉の量は水500mlに対して40gの比率で考えるといいでしょう。

500ml     40g
1000ml 40g✖2個

あまり少量で作っても大量に作っても味が濃くなりすぎたり薄くなったりするので
500ml~1000mlで作るのがいいでしょう。

インスタントコーヒーの粉で作る場合は抽出時間は通常の水出しコーヒーより長めの12時間くらいがいいでしょう。

 お茶パックを使う

また、インスタントコーヒーの粉を入れる袋に
お茶のパック(袋)を使うとコーヒーの粉が漏れず、また水にも溶けやすいのおすすめです。

インスタントの水出しコーヒーパックも販売されている

インスタントコーヒーの粉はお湯には溶けやすいのですが、水には溶けにくいので抽出に時間がかかります。

市販でインスタントの水出しコーヒーパックも販売されていますのでそれを使うというのも簡単に美味しい水出しコーヒーが作れるのでおすすめです。

パックをそのまま水に入れるだけ溶けやすいので簡単に作ることができます。

インスタント水出しコーヒーおすすめ

【澤井珈琲】送料無料 5分で実感
超冷却のコーヒー専門店の水出し珈琲パック アソート福袋 4種 各1袋

魔法の水出しアイスコーヒー
1袋6個入(1個/35g)×4袋合計24個入り
お水600ccあたり1バッグ(約5杯分)を一晩(約8時間)お水に浸すだけ

まとめ

水出しコーヒーはアイスコーヒーと別物ですがインスタントコーヒーの粉でも作ることができます。
美味しく作るコツは粉の量と水に入れる時間がポイントです。
また、インスタント水出しコーヒーは市販もありこちらは水に溶けやすいので簡単に作るにはおすすめです。

【関連記事】美味しい「水出しコーヒー作り方」豆の量や抽出時間・アイスコーヒーとの違いも

スポンサードリンク