コーヒーにおすすめの食材

麦芽コーヒーのカフェイン量は?妊娠中は麦芽豆乳コーヒーはおすすめなのか?

麦芽コーヒーのカフェインレス妊娠中・授乳中もおすすめ

妊婦さんに豆乳コーヒー?麦芽コーヒー妊娠中や授乳中は大丈夫?

妊娠中の妊婦さんや授乳中にもコーヒーが飲みたい!でもカフェインは妊娠中や授乳中にはNGといわれています。
健康に良いといわれている麦芽コーヒーのカフェイン含有量はどうなのでしょうか?

麦芽コーヒーは麦芽とコーヒーのエキスに豆乳を加えたもので栄養分豊富な麦芽コーヒーでカフェインも少なめです。
しかし妊娠中の妊婦さんや子供に麦芽コーヒーのカフェインは気になりますね。

妊婦さんも大丈夫?麦芽(豆乳)コーヒーのカフェイン含有はどれくらい

麦芽(豆乳)コーヒーのカフェイン以外の有効成分と効果・効能は

妊婦さんや授乳中におすすめのカフェインレスの麦芽(豆乳)コーヒーについて知りたい

そこで 本記事の内容

記事のトピックス

麦芽豆乳コーヒーのカフェイン含有量

麦芽コーヒーの成分と効果・効能

妊婦さんや授乳中の方におすすめのカフェインレスの麦芽(豆乳)コーヒー

など麦芽コーヒーの効果・効能とカフェインについてご紹介します。

妊婦さんも大丈夫?麦芽豆乳コーヒーのカフェイン含有量

健康にいいといわれている麦芽コーヒーですがカフェインは含まれています。

麦芽コーヒーは大麦麦芽エキスやコーヒーエキスなどを配合した豆乳飲料で
原材料のコーヒーエキスにカフェインが含まれています。

麦芽コーヒーはキッコーマン発売のコーヒー味の豆乳飲料などが有名です。

麦芽コーヒーは以下の材料をブレンドしています。

  • 大麦麦芽エキス
  • コーヒーエキス
  • 豆乳

麦芽コーヒーのカフェイン含有量は12mg~18mg/100ml

麦芽コーヒーや豆乳コーヒーにはどれくらいのカフェインが含まれているのでしょうか?

麦芽コーヒー(豆乳コーヒー)のカフェイン量ですが

カフェインの含有量は約100ml中に12mg~18mg
カフェインの含有量はブラックコーヒーで100ml 中に約40~80mg

麦芽コーヒーでもカフェインは妊娠中良くない

はたして、この麦芽コーヒーのカフェインの含有量は妊娠中の妊婦さんが飲んでもいい量なのでしょうか?
麦芽コーヒーは麦芽エキスや豆乳で割ってあるのでブラックコーヒーの約4分の1くらいです。
しかし、他の飲み物とのカフェイン含有量を比較するとそんなに低いわけではありません。
やはりカフェインを含む観点からは妊婦さんや準邑中の方にはカフェインを含む麦芽コーヒー控えておいたほうがいいでしょう。

麦芽(豆乳)コーヒーのカフェイン量
麦芽(豆乳)コーヒーや豆乳コーヒーに含まれるカフェイン量は12mg~18mg/100mg中
ブラックコーヒーの約4分の1であるが、他の飲み物と比べるとカフェインの含有量は高い。

妊婦さんや授乳中にカフェインがよくない理由は

妊婦さんはカフェインの摂取を控えたほうがいいのでカフェインの量が少ない豆乳コーヒー、麦芽コーヒーといえど妊娠中は飲まないほうがいいというのが結論です。

妊娠中におけるカフェインの問題として
コーヒーに含まれるカフェインは胎盤を通じて胎児の体内にも同量・同濃度で吸収され低体重や成長が未熟になってしまう可能性があるという報告がされています。

カフェイン量の少ない麦芽コーヒーや豆乳コーヒーでも妊娠中の妊婦さんは控えたほうがいい。妊婦さんも安心して飲めるカフェインレスの麦芽コーヒーが発売されている。
しかし、妊娠中でもコーヒーが飲みたい方に
妊婦さんも安心して飲めるカフェインレスの麦芽コーヒーが発売されています。

麦芽コーヒーの成分と効果・効能は

麦芽コーヒーの材料には豆乳が含まれています。
麦芽コーヒーの豆乳に含まれるイソフラボンは効果や効能
豆乳には大豆イソフラボンというポリフェノールは含まれていますがカフェイン自体は含まれていません。

妊娠中の妊婦さんにカフェインレス豆乳コーヒーはおすすめ。

麦芽豆乳コーヒーに入っている
イソフラボンはおすすめです。

豆乳の効果は
女性ホルモンのバランスが整えられる
血液をキレイにする
高血圧の予防にも

豆乳の成分であるイソフラボンは血管を強くし高血圧の予防になるほか、女性ホルモンとよく似た働きを持ちます。 女性ホルモンの減少によって引き起こされる更年期障害の症状を改善する効果や、骨粗しょう症を予防する効果があります。
ただし、コーヒーエキスに入っているカフェインはNGなのでカフェインレスの麦芽(豆乳)コーヒーがおすすめです。

妊婦さんや授乳中にはカフェインレスの麦芽(豆乳)コーヒーがおすすめ

麦芽豆乳コーヒーは様々な健康効果があっておすすめなのですが気になるのがカフェインです
カフェイン量の少ない麦芽コーヒーや豆乳コーヒーでも妊娠中の妊婦さんは飲まないほうが安全です。
しかし、カフェインレスであれば問題なし
カフェインレスの「麦芽 コーヒー」 「麦芽豆乳コーヒー」が販売されていますので
そちらがおすすめです。

妊娠中は豆乳麦芽コーヒーのカフェインレスがおすすめ

妊娠中の妊婦さんでもOKの
キッコーマン 「豆乳飲料 カロリーオフ麦芽コーヒー」や「マルサン麦芽コーヒー」のカフェインレスもおすすめです。
麦芽コーヒー商品【豆乳麦芽コーヒーカフェ インレス】

豆乳にカフェインは含まれているの?

麦芽コーヒーや豆乳コーヒーは妊娠中の妊婦の人でも飲めるのでしょうか?
豆乳や麦芽にはカフェインは含まれていませんが、麦芽・豆乳コーヒーのコーヒーエキスにカフェインが含まれています。
カフェインは通常のブラックコーヒーと比べると少なめですが、麦芽 コーヒー、豆乳麦芽コーヒーには、やはりカフェィンが含まれていることに変わりはありません。

麦芽コーヒーや豆乳コーヒーはカフェインレスであれば妊婦の方でもおすすめ

マルサン 麦芽コーヒーのカフェインは?

麦芽豆乳のカフェィン

マルサン 麦芽 豆乳コーヒーにカフェインは?
通常の麦芽豆乳コーヒーにはカフェインが含まれています。
豆乳 麦芽 コーヒーにはカフェインレスも販売されています。

またマルサンからも有機大豆を使ったカフェインレスコーヒーが発売されています。
通販でまとめ買いをすれば送料が無料になるのでオトクです。
麦芽豆漿(ドウジャン) 有機大豆 紙パック 200ml×48本セット
まとめ買い送料無料

商品【マルサン麦芽豆乳コーヒーカフェインレス】
カフェインレスで妊婦さんにもおすすめです。

まとめ

麦芽(豆乳)コーヒーのカフェインはコーヒーエキスに含まれるカフェインです。
豆乳自体にカフェインは入っていません。
麦芽コーヒーのカフェインはコーヒーエキスに入っているものでブラックコーヒーの4分の1程度ですが、やはり妊娠中の方や授乳中は控えておくほうがいいでしょう。
健康にいいといわれている麦芽コーヒーは
カフェインレスが市販されていますのでおすすめです。