「コーヒーにはちみつ」驚きの効果・効能と美味しい作り方・レシピ

コーヒーにはちみつを加えたはちみつコーヒーが人気です。

こちらの記事でははちみつ入りコーヒーの効果や効能と美味しい作り方についてご紹介します。

スポンサードリンク

コーヒーにはちみつ

コーヒーに砂糖の代わりにはちみつをいれてみましょう。低カロリーで栄養価の高いはちみつコーヒーの出来上がるです。
スタバやタリーズでもハニーラテなどはちみつ入りのコーヒーは人気です。また無料ではちみつを入れることの出来るコンディメントバーではちみつコーヒーを作ってその味を楽しむこともできます。

スポンサードリンク

はちみつコーヒーの人気の秘密は効果効能

はちみつもコーヒーもダイエットやカラダにいい効果効能があります。

ダイエット効果はコーヒーの成分であるカフェインとクロロゲン酸の脂肪燃焼促進の働きから期待できます。またはちみつは砂糖のカロリーの約2/3と低カロリーなうえ豊富なビタミンやミネラルを持つスーパーフードです。

ダイエットや健康志向の高まりから効果効能がはちみつコーヒーの人気の秘密といっていいでしょう。

スポンサードリンク

はちみつコーヒーは美味しい

カフェなどでも人気のはちみつコーヒーですがその起源はスペインにありました。エスプレッソにはちみつとミルクを混ぜる「カフェ・コンレーチェ」がその始まりです。

名前を聞いただけで美味しそうな響きがしますね。

コーヒーとはちみつの味の相性

はちみつとコーヒーの味の相性ですが実はブラックコーヒーとはちみつの相性はよくありません。コーヒーの苦味や酸味がはちみつの甘さや香りを打ち消してしまうからです。

なので「カフェ・コンレーチェ」のようにミルクを入れるのが正解です。ミルクによってまろやかになったコーヒーが蜂蜜の甘さやその香りを引き立ててくれるのです。

コーヒーは苦味酸味があるので
はちみつコーヒーはミルク(牛乳)を加えると非常に相性の良い飲み物となります。

はちみつコーヒーの作り方と飲み方

スポンサードリンク

それでは、はちみつコーヒーの作り方をご紹介しましょう。

「カフェ・コンレーチェ」の例にあるように美味しいはちみつコーヒーの作り方は「牛乳(ミルク)」を入れることです。
牛乳(ミルク)がコーヒーの苦みや酸味を抑えてマイルドにしてくれるのでより蜂蜜との相性が良くなるわけです。

はちみつコーヒーの作り方

材料

コーヒー カップ1杯(ドリップでもインスタントでもOK)

はちみつ 大さじ(スプーン)1杯

牛乳   適量 もしくはホットにして1:1で割ればより美味しく飲めます

はちみつコーヒーはコーヒーをホットミルクで割ってカフェオレにするのがおすすめです。

蜂蜜の量で甘さを調整します。

美味しく作るポイント・注意点

はちみつコーヒーの作り方

・ミルクを入れる
・アイスの場合ははちみつを溶かす工夫を

美味しく作るポイントは簡単。

ミルク【牛乳】を入れることです。

少量入れても1:1で割ってカフェオレにしてもOK

ミルクを入れることで美味しいはちみつ入りのコーヒーを作ることができます。

またはちみつコーヒーはアイスでも作ることができます。コメダ珈琲のアイスはちみつコーヒーなんか人気ですね。自宅で作る場合は冷たいコーヒーにはちみつが溶けにくいので少し工夫が必要です。

以下を参考にしてみてください。

【関連記事】はちみつ アイス コーヒー 作り方 

アイスコーヒーに「はちみつ」が溶けない?美味しい蜂蜜アイスコーヒーの作り方

アイスコーヒーに「はちみつ」が溶けない?はちみつドリンク冷たい水に溶かす方法
はちみつコーヒーをアイスで飲んでみたい。   コメダ珈琲には「蜂蜜アイスコーヒー」という人気の飲み物があります。 しかし自宅で「蜂蜜入の飲み物」を作る場合、冷たい飲み物ではうまく「はちみつ」が溶けてくれないことありますよね。 ...

アレンジレシピ

まとめ

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました