コーヒーにおすすめの食材

「コーヒー花はちみつ」を砂糖の代わりにコーヒーに入れると

コーヒーは好きだけど苦味や酸味が苦手な方は結構多いようです。

コーヒーに砂糖の代わりに甘みを加える食材でおすすめはカロリーが低く栄養豊富な「はちみつ」です。

なかでもコーヒー花のはちみつは珈琲に合う蜂蜜として知られています。

コーヒーノキから採れる「コーヒー 花 はちみつ」は

ブラジル、グアテマラなどの南米、ベトナムなどの東南アジア、日本では沖縄で採れます。

こちらの記事では珈琲との相性がいい「コーヒー 花 はちみつ」の魅力をご紹介します。

コーヒーに砂糖の代わりに蜂蜜

コーヒーに砂糖を入れてなら砂糖の代わりに蜂蜜を入れてみませんか?

白砂糖をたっぷり入れて甘くするコーヒーはカロリーや健康面での害があるといわれています。

そこで、おすすめしたいのが蜂蜜です。

コーヒー 甘くするヘルシーな蜂蜜はコーヒー花から採ったはちみつがおすすめなんです。

コーヒー蜂蜜とは

コーヒー蜂蜜とは
コーヒーノキの花から採れる蜂蜜のことです。

蜂蜜の種類は実に多く、花の種類そして世界各国の産地で味も香りも大きく違ってきます。

コーヒーに入れる蜂蜜はコーヒーの強い酸味や苦味に打ち消されない濃いめの蜂蜜がおすすめです。

そこで、一番コーヒーと相性がいいのがコーヒーの花から採れる蜂蜜です。

コーヒーの花とは

コーヒーノキ(アラビカ種)は赤道を挟んだ熱帯アフリカやマダガスカル島が原産です。

常緑樹であるコーヒーノキは5~6月に葉っぱの横にジャスミンのような香りのする白い小さな花を咲かせます。

このコーヒーの花が受粉してコーヒーの実になるのですが花の開花時間はわずか48時間ほどしかありません。

コーヒーの花を見かけるのは非常にまれなことだといわれています。

コーヒーノキの受粉は主に重力や風によって行われます。

しかしミツバチを使った受粉により受粉率の高まりやコーヒーの品質が高まることが期待されておりコーヒー園では
養蜂も実施されている農園もあります。

コーヒー花が咲くわずかの期間に採れるのが希少なコーヒー花の蜂蜜です。

コーヒーの受粉に養蜂は効果的ではありますが、コーヒーの花の咲く期間が非常に短いため採れるはちみつの量はごく少ないものとなってしまいます。

コーヒー の 花 880

コーヒー蜂蜜の味は?

コーヒー花の蜂蜜はコーヒー色というかとても濃い色をしています。

蕎麦はちみつの様に黒っぽい濃い色のはちみつは味のクセが強い場合が多いのですが

コーヒー花はちみつは
優しい甘みとさっぱりとした後味でクセのない味わいが特徴です。

やはり蜂蜜の原料がコーヒーの花や花粉ということで
味はコーヒーのような酸味とコーヒーのようなほのかな香りを持ち合わせています。

なのでコーヒーとの相性もバツグンに良くコーヒーに入れる蜂蜜としては一番おすすめの蜂蜜となります。

コーヒー花 はちみつの産地別特徴

コーヒー花のはちみつはコーヒーノキの栽培されている赤道を挟んだコーヒーベルトと言われている亜熱帯で採れます。

日本でも沖縄の一部でコーヒーノキが栽培されていて

そこで養蜂が行われておりコーヒー花の蜂蜜が作られています。

いずれの産地のコーヒー花蜂蜜もコーヒーの花の開花時期が非常に短いため、希少な蜂蜜です。

ブラジル産 コーヒー 蜂蜜

世界のコーヒー生産国として有名な南米のブラジル産のコーヒー花蜂蜜

近藤養蜂場 ブラジル産コーヒー蜂蜜 250g は
Amazonでも販売されていて
美味しい、珈琲によく合うという口コミもあります。

グアテマラ産 コーヒー 蜂蜜

南米のグアテマラ産のコーヒー花蜂蜜です。

焙煎したコーヒー豆のような濃い色の蜂蜜ですがクセもなく食べやすいというのが
評価されています。もちろん珈琲の風味を含んだ甘さはコーヒーとの相性もバツグンです。

ベトナム産 コーヒー 蜂蜜

ベトナムのコーヒーノキの花から採れる蜂蜜です。
味わいはコーヒーのような酸味とコク深い味わいが特徴です。

のようながあり、濃厚でが特徴の蜂蜜です。はちみつ です

まとめ

コーヒーに入れる蜂蜜は、ほんおりと珈琲の香りや酸味を含んだ「コーヒー花 はちみつが」相性が良くおすすめです。

朝の一杯にコーヒー花のはちみつを加えてみませんか。

【関連記事】

「コーヒー はちみつ まずい」⇒美味しく作る方法