おすすめの食材レシピ

シナモンコーヒーの効能とダイエット効果・飲み方やデメリットも紹介

シナモンコーヒーの効果

シナモンコーヒーの効果と効能について

コーヒーにシナモンは欠かせない存在です。
カフェでもコーヒーに加えるシナモンスティックはよく出てきますね。

こちらの記事では

  • コーヒーにシナモンを入れるメリットとデメリット
  • シナモンコーヒーの効果や効能について
  • シナモンコーヒーはダイエットに役に立つのか

についてご紹介しています。

スポンサードリンク

コーヒーにシナモンを入れる

シナモンはスパイスの王様といわれている食材です。

コーヒーとシナモンは相性抜群です。

シナモンスティックをコーヒーに入れるだけでコーヒーの風味を引き立て、シナモン特有のスパイシーさも広がります。

シナモンコーヒーは好みでブラックでもミルクやお砂糖、蜂蜜などを加えてもOK

スポンサードリンク

コーヒーにシナモンを入れる効果・効能

シナモンは「桂皮(けいひ)」という名前で漢方薬としても使われています。

コーヒーにシナモンスティックを入れるだけで簡単に作れるシナモンコーヒーですが「シナモンコーヒー」はその栄養素や効能のも見逃せません。

シナモンは生活習慣病予防としてデトックス効果があり

  • 発汗作用
  • 利尿作用

を通してデトックスを行います。

また、デトックスからの美容効果もあります。

コーヒーにシナモンを入れるメリットとしてはついては

シナモンの持つ以下の効果・効能が期待できるという側面があります。

  1. デトックス効果(発汗・利尿作用)
  2. 抗酸化作用効果
  3. 血行を改善する効果
  4. 血糖値を下げる効果
  5. 悪玉コレステロールを減らす効果
  6. 抗炎症効果
スポンサードリンク

シナモンコーヒーの効果・効能

シナモン コーヒーはシナモンの持つ抗酸化機能、血流改善、血糖値のコントロール、悪玉コレステロールを減らす、抗炎症機能などによる働きが効果として期待されています。

シナモンの持つ効果・効能は以下のようなものがあります。

抗酸化効果
シナモンにはフラボノイドという高い抗酸化成分が含まれています。

このフラボノイドの効能でシナモンはアンチエイジングアンチエイジング(シミ・シワの予防)生活習慣病の予防に効果的です。

血流改善効果
シナモンには毛細血管の血流を活発にする効能があります。

血流改善は目の疲れに役立ちます。また全身の血流が改善されれば冷え性の改善や健康維持に大いに役立ちますね。

血糖値を下げる効果

シナモンには血糖値を下げる効果があることが様々な研究で知られています。
血糖値を下げることで肥満防止や糖尿病の予防効果が期待できます。

悪玉コレステロールを減らす効果
シナモンにはLDLコレステロールといわれる悪玉コレステロールを減らす効果があります。

血液中の悪玉コレステロールを減らすことにより血管の若々しさを保ち動脈硬化の予防や血圧を下げてくれる効果が期待できます。

抗炎症効果
シナモンの抗炎症効果は風邪の予防に効果的といわれていますが、長期間の炎症が体を蝕む
動脈硬化やアルツハイマーに効くとされる抗炎症効果成分を含んでいるシナモンは今後天然の抗炎症剤として期待されています。

このような効果のあるシナモンをコーヒーという日常的な飲み物に入れて飲むことは健康維持の面からもおすすめですね。

シナモンコーヒーのダイエット効果とは

スポンサードリンク

コーヒーは100mlでわずか7Kcalという低カロリーな飲料に加えて、クロロゲン酸やカフェインンの脂肪燃焼によるダイエット効果があることは知られています。

この脂肪燃焼効果のあるコーヒーに抗酸化作用や血糖値を下げるシナモンを加えることでさらに肥満防止や糖尿病の予防効果も高まるのでダイエットにはおすすめの飲料となります。

ダイエットに効果的なシナモンコーヒーの飲み方(いつ飲む)

ダイエットに有効なシナモンコーヒーの飲み方

シナモンコーヒーはいつ飲む

①食事と合わせて飲む
小さじ1/2程度 シナモンパウダーを入れて食事の時にシナモンコーヒーを飲むと食後の血糖値の急上昇を抑えることができるので肥満防止に役立ちます。

②運動を取り入れる
シナモンコーヒーの持つ脂肪燃焼効果を高めるためランニングやウォーキングなどの有酸素運動を取り入れることはダイエットにはおすすめです。

③ホットで飲む
シナモンコーヒーは全身の血流を良くする効果がありますので是非ホットで飲みましょう。血流改善は脂肪燃焼や新陳代謝を活発化してダイエットを促進します。

 

コーヒーにシナモンを入れるデメリット

スポンサードリンク

健康効果やダイエット効果のあるシナモンコーヒーですがデメリットもあります。

中国原産の濃厚で甘く、スパイシーな「カシア」というシナモンに含まれる「クマリン」という成分は長期的に大量に摂取すると肝臓障害を起こすことが知られています。
またコーヒーのカフェインも大量にとると体に良くないことが知られています。

健康にいいとされるシナモンコーヒーも1日の摂取量を守って飲むことが大切です。

シナモンコーヒーの飲み方(シナモンの量に注意)

シナモンの1日の摂取量は0.6g~3gが目安となります。
前述したように「カシア」というシナモンを長期間にわたり大量に摂取した場合肝臓障害などの症状がでる恐れがあります。またコーヒーのカフェインも摂りすぎは良くありません。
シナモンコーヒーは一日3杯を超えないようにしましょう。

①1日に数回に分けて摂取する

シナモンコーヒーは大量にシナモンを摂取することを避けるため
朝昼晩など1日に3回など分けて飲むことがおすすです。

②妊娠中には摂取しない
妊娠中はコーヒーのカフェインもシナモンも摂取はおすすめできません。
どうしても飲みたい場合はカフェィンレスのコーヒーにしてシナモンは抜きにしましょう。

③就寝前には摂取を控える
コーヒーのカフェインは覚醒作用・興奮作用がありますので夜遅くや就寝前に摂ると眠れなくなることがありますので注意しましょう。

美味しいシナモンコーヒーの作り方

シナモンコーヒーの作り方はいたって簡単です。

材料
シナモンパウダー(シナモンスティック)
コーヒー(インスタントでも可)

シナモンは(グラムにすると0.6~3グラム)小さじ4分の1~小さじ1杯が目安。

コーヒーにシナモンパウダー(シナモンスティック)を
上記の量入れるだけでOKです。

お好みによって砂糖、ハチミツ、牛乳等を入れて楽しみましょう。

シナモンコーヒーのおすすめのアレンジレシピ

シナモンコーヒーに加えるおすすめの食材は
蜂蜜 牛乳 豆乳 アップルジャムなどがあります。

アップルジャムと蜂蜜を入れたシナモンコーヒーのアレンジレシピをご紹介します。

アップルシナモンコーヒー

アップルジャムを加えたアップルシナモンコーヒーの作り方

材料
アップルジャム:大さじ1杯
シナモンパウダー:少々 小さじ4分の1~小さじ1杯
インスタントコーヒー

ホットコーヒーにアップルジャムを溶かしてシナモンを加えるだけで簡単にアップルジャムの甘い風味のアップルシナモンコーヒーが出来上がります。アップルジャムの量で甘さをコントロールしましょう。

シナモンコーヒー+はちみつ

はちみつ 大さじ1杯
インスタントコーヒー
牛乳・豆乳

蜂蜜は砂糖のカロリーの約3分の2程度で甘さは砂糖より高く、栄養分も豊富です。

コーヒーに大さじ1杯の蜂蜜を溶かした蜂蜜珈琲にシナモンはすごくあいます。
お好みでミルクや豆乳もおすすめです。

まとめ

スパイスの王様といわれるシナモンは味・風味ともコーヒーにあいます。また漢方薬に使われるシナモンは以下のような効果効能もあります。

  • デトックス効果
  • 抗酸化作用効果
  • 血行を改善する効果
  • 血糖値を下げる効果
  • 悪玉コレステロールを減らす効果
  • 抗炎症効果

ただしシナモンもコーヒーのカフェインも摂りすぎは良くありませんので1日3杯くらいを目途に摂るのがおすすめです。

スポンサードリンク