コーヒーの種類

水出しコーヒー スタバ(コールドブリュー)自宅でも作れる味や魅力

なんとなく、スタバに入って注文するのがアイスコーヒーになってませんか?

いやいや、暑い夏はアイスコーヒーではなく水出しのコールドブリューが味とコクの面でもおすすめです。

スタバで美味しい水出しコーヒー(コールドブリュー)があるのをご存知ですか?

価格やカロリーが気になりますがこちらで紹介します。

この夏はスタバではアイスコーヒーでなく水出しコーヒーを!

スポンサードリンク

スタバの水出しコーヒーとは

 

そもそも、アイスコーヒーでなく水出しコーヒーということでしたが、この2つはいったいどこが違うのでしょうか?

見た目は全く変わりませんよね。

コールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)とは深入りのコーヒー豆を挽いて水で長時間抽出したものです。

短時間で熱湯をかけて抽出したものを冷やしたアイスコーヒーとは全く別物です。

時間をかけて抽出しただけあってコールドブリュー(水出しコーヒー)は濃縮液のように濃い味わいとコクが楽しめるコーヒーです。

スタバでも特に夏の期間はコールボブリュー(水出しコーヒー)が人気です。

通常8時間ほどで抽出するコールドブリューですが、スタバのコールドブリュー(水出しコーヒー)は14時間もかけて抽出する分、味わいも高く楽しめます。

スポンサードリンク

スタバのコールドブリュー味はどう?

 

スタバ水出しコーヒー

水出しコーヒーを作るとややもすれば薄く水っぽくなるのですが
流石はスタバです。しっかりした味わいでコーヒーの味が楽しめる水出しコーヒーが飲めますのでおすすめです。

豆はアフリカ産とラテンアメリカ産の豆を程よくブレンドしてローストしてあります。ローストも強くなく苦味が抑えられていてあっさりしていますが、コーヒー本来の味を楽しめる仕様になっています。 (2020年夏のスタバ 水出しコーヒー)

 

まろやかな味わいが楽しめるスタバのコールドブリュー(水出しコーヒー)

引用)https://product.starbucks.co.jp/beverage/drip/4524785000018/
熱を加えずに14時間かけてゆっくりと水で抽出したコールドブリュー コーヒー。香り高い風味が引き出されるよう、特別にブレンド、ローストしたコーヒー豆を使用しています。
豊かな味わいとなめらかな口あたりをお楽しみください。

スタバの水出しコーヒー 価格とカロリー

スタバの水出しコーヒーの価格とカロリーを調べてみました。

価格はアイスコーヒーと比較してどなのでしょうか?また気になるカロリーは。

スタバの水出しコーヒーの気になる価格ですが税抜で

カロリーはショートでわずか7Kcalです。

Short 330円
Tall 370円
Grande 410円
Venti® 450円

シロップや砂糖を入れないなら超低カロリーですね。

スタバのアイスコーヒー価格 税抜価格

Short 319円
Tall 363円
Grande 407円
Venti® 451円

価格はアイスコーヒーよりちょっとだけ高いのですが、一度スタバのコールドブリューを試してみてはいかがでしょうか。

コールドブリュー ソーダ

コールドブリューを炭酸で割った、暑い夏にはおすすめのコールドブリューソーダ

コールドブリュー ソーダは水出しコーヒーに
炭酸水とライムフレーバーを加えた飲料です

お好みで以下の追加ができます。
バレンシアシロップ追加
→エクストラシロップ
シトラス果肉追加(K.AMAC)

残念ですが現在コールドブリュー ソーダ【販売終了】となっています。また発売されるのを待ちましょう!

スタバのコールドブリューを自宅で作る

スタバのコールドブリュー(水出しコーヒー)おすすめ豆
「スターバックス® コールドブリュー コーヒー ピッチャーパック」(1728円)

こちらがスタバのコールドブリュー(水出しコーヒー)です。

ボトルに入れて冷蔵庫で冷やすこと14時間
スタバのコールドブリュー(水出しコーヒー)が自宅でも楽しめます。

まとめ

コールドブリュー(水出しコーヒー)はアイスコーヒーと全く違うコーヒーです。
スタバでは夏の期間コールドブリューが楽しめます。アイスコーヒーよりちょっとだけ価格が高いのですが
是非お試ししてください。
また、スタバではコールドブリュー(水出しコーヒー)のパックを販売しているので自宅でも美味しいコールドブリューが楽しめます。

【関連記事】美味しい「水出しコーヒー作り方」豆の量や抽出時間・アイスコーヒーとの違いも

スポンサードリンク